ようこそ!花見川キリスト教会のホームページへ

日本キリスト改革派 花見川教会のホームページへ戻る
日本キリスト改革派 花見川キリスト教会の外観

ようこそ!花見川キリスト教会へ

花見川キリスト教会は、千葉市花見川区柏井町にあるプロテスタント教会です。毎週日曜日10時30分から礼拝を開き、神様に感謝と祈りをささげています。この礼拝は誰もが自由に参加できます。キリスト教や聖書に興味のある方はお気軽にお越しください。あなたの来訪を心よりお待ちしております。

次週の礼拝

日時
5月26日(日) 10:30より
説教題
「新天新地と虹」
説教者
中山 仰牧師
聖書
旧約聖書「創世記」8章20節から9章17節

詳細を見る

動画で見る花見川キリスト教会

Youtubeで花見川キリスト教会の紹介ビデオを配信しています。教会へのアクセスや教会内の様子、教会に集う人々のインタビューなどもご覧になれます。

→直接Youtubeで視聴する

お知らせ

2024年5月26日(日) 主日礼拝「新天新地と虹」

5月26日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「新天新地と虹」です。聖書は旧約聖書「創世記」8章20節から9章17節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。

2024年5月19日(日) 主日礼拝「聖霊による勇気」

5月19日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「聖霊による勇気」です。聖書は新約聖書「ヨハネによる福音書」14章25節から34節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。ペンテコステ記念として礼拝をささげます。

2024年5月12日(日)主日礼拝「新しい霊に仕える」

5月12日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「新しい霊に仕える」です。聖書は新約聖書「ローマの信徒への手紙」7章1節から6節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。

2024年5月5日(日) 主日礼拝「神の国が来るとき」

5月5日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「神の国が来るとき」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」17章20節から37節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由に、お越しください。

2024年4月28日(日) 主日礼拝「心を留められる神」

4月28日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「心を留められる神」です。聖書は旧約聖書「創世記」7章1節から8章19節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。なお、礼拝後、教会ピクニックを行う予定です。

2024年4月21日(日) 主日礼拝「心からなる感謝」

4月21日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「心からなる感謝」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」17章11節から19節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。

2024年4月14日(日) 主日礼拝「神の言葉に聞き従う」

4月14日(日)10時30分からの主日礼拝は横田 隆引退教師による「神の言葉に聞き従う」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」16章19節から31節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

2024年4月7日(日) 主日礼拝「心からなる奉仕」

4月7日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「心からなる奉仕」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」17章1節から11節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

2024年3月31日(日) 主日礼拝「復活の主とガリラヤで」

3月31日(日)10時30分からの主日礼拝は、イースター記念礼拝です。中山 仰牧師による「復活の主とガリラヤで」です。聖書は新約聖書「マルコによる福音書」16章1節から8節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

2024年3月24日(日) 主日礼拝「神の子イエスの死」

3月24日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「神の子イエスの死」です。聖書は新約聖書「マルコによる福音書」15章33節から41節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

2024年3月17日(日)主日礼拝「真の命に生きる」

3月17日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「真の命に生きる」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」16章19節から31節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

2024年3月10日(日)主日曜礼拝「聖なる実は永遠の命」

3月10日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「聖なる実は永遠の命」です。聖書は新約聖書「ローマの信徒への手紙」6章15節から23節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さま、ご自由にお越しください。

2024年3月3日(日) 主日礼拝「神は心を見る」

3月3日(日)10時30分からの主日礼拝は中山 仰牧師による「神は心を見る」です。聖書は新約聖書「ルカによる福音書」16章14節から18節。この礼拝はキリスト教に興味がある方なら誰でも参加できます。皆さまご自由にお越しください。

『十字架のカルテ』知念実希人著 文春文庫

医療ミステリーの新境地!統合失調症、解離性同一性障害、詐病など犯罪者を鑑定する立場は困難を絶する。ある病院の新人医師、弓削凛は精神鑑定医を目指し、第一人者の影山の助手として、困難な犯罪の容疑者たちの心の闇に迫る。

『ほどなくお別れです』 長月天音著 小学館文庫

大学生の清水美空は、東京スカイツリー近くにある葬儀場「坂東会館」でアルバイトをしている。坂東会館には、”訳あり”の葬儀ばかりを担当する漆原という男性スタッフがいた。漆原は、亡くなった人と、遺族の思いを繋ごうとする心を尽くす葬送ディレクターだった。「決して希望のない仕事ではないのです。大切なご家族を亡くし、大変な状況に置かれたご遺族が、初めに接するのが我々です。一緒になってそのお気持ちを受け止め、区切りとなる儀式を行って、一歩先へと進むお手伝いをする、やりがいのある仕事でもあるのです。」大反響を呼んだ」ブリーフケア小説である。

松岡圭祐の『万能鑑定士Q』ならびに著書全般

松岡圭祐の作品を手に取ったのは、比較的新しい。『万能鑑定士Q』シリーズを手に取ってから、はまりにはまり全巻を読破した。主人公のリンダ・リンは著者が工夫を凝らした名前で、難しい漢字が使われているので、リンとする。偏差値というかオール1の南方の女学生がある人の出会いにおいて急激に成長して、鑑定士となり、多くの難事件を解決していく。

古本食堂 原田ひ香著 ハルキ文庫

鷹島珊瑚」は両親を看取り、帯広でのんびり暮らしていたが、神田神保町で小さな古書店を営んでいた兄の慈郎が急逝。珊瑚がそのお店とビルを相続することになり、単身上京する。一方珊瑚の親戚で国文科の大学院生の美希喜(みきき)は、生前の慈郎の元に通っていたことから、素人の珊瑚の手伝いをすることになる。各編ごとに古本の良書が取り持つ縁を感じる。舞台が古本外の神田であるが、古本だけでなく神田の古き良き美味しいものが随所に出てくる仕掛けになっている。

経済で読み解く地政学 上念司著 扶桑社

ロシアのウクライナ侵略、中国の台湾有事、巧妙化するサイバー戦争、大インフレの時代について地政学から考えると見えるものがある。

暗殺国家ロシアー消されたジャーナリストを追う 福田ますみ著 新潮社

2010年の発行なので、少しデータとしては古いが、タイトルから推察できるように、ウクライナ侵略に関して根っこには同じ問題が横たわっていると感じた。

銀座「四宝堂」文房具店

老舗文房具店で紡がれる感動の連作短編集。第1巻は、万年筆、システム手帳、大学ノート、絵葉書、メモパッドからなる。文房具好きな私はすぐに手に取ってみた。昭和の情が香ってくる内容であるが、現在でも通じる人間関係が浮き上がる。せちがらい現代には、かえって衝撃的かもしれない。

国道16号線

横須賀、横浜、町田、八王子、川越、柏を経て木更津まで、東京をぐるりと囲む16号線エリア。約1100万人の住む一大経済圏である。この沿線が歴史的にどのような意味があり、推移があったか興味深い著書である。

始まりの木 

夏川草介著 小学館発行 ご存じベストセラー『神さまのカルテ』の著者である。民俗学に興味を抱き、民俗学者古屋神寺と研修生藤崎千佳の登場人物の絶妙なやりとりにより、興味深く読み進められる。

死は存在しない

最先端量子科学者の田坂広志さんの著書。私たちの感覚に、霊感や虫が知らせるようなものが働く。そのことから類推して死はないという大胆な仮説を打ち出している。

コラム

読書感想など

本を守ろうとする猫の話 夏川草介著 小学館

祖父に死なれた、不登校の高校生が跡を継ぐことになるきっかけ

すべてのお知らせを表示する

どなたでも出席できます

花見川キリスト教会では毎週日曜日10時半から礼拝を開いています。この礼拝にはどなたでも参加できます。クリスチャンでなくとも構いません。キリスト教に興味がある方は一度お気軽にご出席ください。

教会は初めてという方へ

わたしの教会 この一枚

花見川教会の教会員が撮影した写真とコメントを公開しています。

秋の当別伝道集会のお知らせです。10月8日(日)です。

dream「秋の当別伝道集会のお知らせです。10月8日(日)です。」

10月2日(日)新しい会堂にて感謝の礼拝をおささげできました。皆様の祈りとご支援に感謝いたします。

dream「10月2日(日)新しい会堂にて感謝の礼拝をおささげできました。皆様の祈りとご…

新しい会堂がもうすぐ出来上がります。今、外構の整えが行われております。9月末、引き渡しとなります。

dream「新しい会堂がもうすぐ出来上がります。今、外構の整えが行われております。9月末…

カバーと足場が撤去され、建物が顔をあらわしました。これから、外側もさまざまな付帯設備の整えが行われます。

dream「カバーと足場が撤去され、建物が顔をあらわしました。これから、外側もさまざまな…

台風の影響もなく、感謝です。玄関前の十字架が見えるようになりました。あと1か月半です。

dream「台風の影響もなく、感謝です。玄関前の十字架が見えるようになりました。あと1か…

会堂玄関入口の上部に白い十字架(ちょっと見づらい)が設置されました。8月10日現在。

dream「会堂玄関入口の上部に白い十字架(ちょっと見づらい)が設置されました。8月10…

会堂・牧師館内部の木部工事が進んでいます。天井・壁に合板が・・・

dream「会堂・牧師館内部の木部工事が進んでいます。天井・壁に合板が・・・」

まだシートで全面カバーされていますが、窓・ドアなども付いて、外壁も姿を現しました。7月24日現在です。

dream「まだシートで全面カバーされていますが、窓・ドアなども付いて、外壁も姿を現しま…

中山牧師による棟上げ式も終わり、現在木部工事が急ピッチで進められております。主に感謝!

dream「中山牧師による棟上げ式も終わり、現在木部工事が急ピッチで進められております。…

基礎部分に各部屋ごとの仕切りもつきました。手前は会堂玄関のスロープとなりそうです。

dream「基礎部分に各部屋ごとの仕切りもつきました。手前は会堂玄関のスロープとなりそう…

教会堂の基礎工事が進んでいます。生コンが敷き詰められました。手前が会堂部分です。

dream「教会堂の基礎工事が進んでいます。生コンが敷き詰められました。手前が会堂部分で…

新しい会堂のモデル(模型)です。花見川の地に建てられる神の教会です。

dream「新しい会堂のモデル(模型)です。花見川の地に建てられる神の教会です。」

建築確認の表示もされ、隣接する住居との境にあるフェンスやブロック塀部分の基礎の補強工事が進んでいます。6月5日現在。
6月中に棟上げ式が行われる予定です。

dream「建築確認の表示もされ、隣接する住居との境にあるフェンスやブロック塀部分の基礎…

玄関前の階段等をなくして、バリアフリー化を目指しています。かなりの土をすきとりました。

dream「玄関前の階段等をなくして、バリアフリー化を目指しています。かなりの土をすきと…

隣接する住宅との境界(フェンスやブロック)部分の基礎を補強する工事が進められています。

dream「隣接する住宅との境界(フェンスやブロック)部分の基礎を補強する工事が進められ…

会堂建て替え工事が本日よりスタートしました。基礎工事にはいるために、大量の土をすきとることから始まりです。工事の安全が守られますよう祈ります。

dream「会堂建て替え工事が本日よりスタートしました。基礎工事にはいるために、大量の土…

2月中旬に「地盤調査」も無事終わりました。仮設の電気・水道も準備O.K.です。

dream「2月中旬に「地盤調査」も無事終わりました。仮設の電気・水道も準備O.K.です。」

新しい会堂・牧師館の予想図です。7月末完成予定です。

dream「新しい会堂・牧師館の予想図です。7月末完成予定です。」

2月で取り壊しが終わり、27日現在更地になりました。

dream「2月で取り壊しが終わり、27日現在更地になりました。」

2月から会堂・牧師館の建て替え工事にはいっております。しばらくご不便をおかけします。

dream「2月から会堂・牧師館の建て替え工事にはいっております。しばらくご不便をおかけ…

牧師が説教を行う講壇。正面にはキリスト教のシンボルである十字架。毎週日曜日にここで礼拝が開かれています。

モリー「牧師が説教を行う講壇。正面にはキリスト教のシンボルである十字架。毎週日曜日に…

花見川教会の礼拝堂。牧師の目線から見るとこのような感じに。手前に見えるのは講壇ぬ置かれた聖書です。

モリー「花見川教会の礼拝堂。牧師の目線から見るとこのような感じに。手前に見えるのは講…

花見川教会の礼拝堂。白塗りの木製のベンチが整然と並びます。

モリー「花見川教会の礼拝堂。白塗りの木製のベンチが整然と並びます。」

聖書日課

日本キリスト改革派教会の機関誌「リジョイス」のホームページでは毎日一つ聖書の言葉が朗読されています

聖書のイメージ画像

詩編 53編

だれもかれも背き去った。
皆ともに、汚れている。
善を行う者はいない。ひとりもいない。詩編 53編4節

人生を転換してくださる神

この詩編は、パウロが人類の罪の告発に続いて、神に背いたすべての人間が腐敗し、善を行う者は一人もいないということの論証に引用した詩編です(ロ…